Twitter

iPhoneで初めてTwitterを使うなら、公式クライアントアプリ

Twitter(ツイッター)は、日本国内だけでも2000万人以上のユーザーを抱える巨大「投稿共有サービス」Twitter(ツイッター)の無料公式iPhoneアプリです。Web(インターネットブラウザー)版のTwitterに近い画面デザインで、簡単にツイートしたり、他人のツイートをチェックできます。Web版や一般の携帯電話用のTwitterと同じような感覚でシンプルにTwitterを使いこなしたい人にお勧めです。 完全な説明を見ます

賛成票

  • ブラウザー版のTwitterに近い感覚で使える
  • 起動すると即、自分のアカウントのタイムラインが表示される
  • 画像や位置情報を添付できる

反対票

  • Web版とは異なり、タイムライン上のURLをタップしても移動しない
  • 初期設定では送られてくる通知が煩わしいかもしれない

良い
7

Twitter(ツイッター)は、日本国内だけでも2000万人以上のユーザーを抱える巨大「投稿共有サービス」Twitter(ツイッター)の無料公式iPhoneアプリです。Web(インターネットブラウザー)版のTwitterに近い画面デザインで、簡単にツイートしたり、他人のツイートをチェックできます。Web版や一般の携帯電話用のTwitterと同じような感覚でシンプルにTwitterを使いこなしたい人にお勧めです。

Twitterを利用するには、Twitterアカウントに登録する必要があります。Twitterアカウントは複数登録でき、「設定」メニュー内で切り替えられます。一度登録してしまうとログインは不要で、起動するたびに自分のアカウントのタイムラインが表示されるようになります。また、外面下のアイコンメニューでは、「@関連」「メッセージ」「トレンド」を表示させることができます。

新しいツイートを投稿するには、画面左上のペンマークをタップします。ツイートには位置情報を追加したり、写真などの画像を添付することができます。添付した画像は写真共有サービスyFrog(変更可能)に送られ、URLがツイート上に表示されます。なお、Web版とは異なり、タイムライン上のURLはタップしても反応しません。ツイート本体をタップして詳細画面を開き、そこでタップしてアクセスします。

初期設定では、誰かが自分に対してダイレクトメッセージや@関連/返信のツイートを投稿すると、プッシュ通知が送られてきます。煩わしい場合は設定メニュー内で通知をOFFにしましょう。また、オフライン状態ではツイートは送信されず下書きとして保存されるので、インターネットに接続してから再度送信する必要があります。

Twitter
はiPhone上でTwitterを手軽に利用できる公式クライアントです。iPhoneで初めてTwitterを使うという人にお勧めです。慣れてきたらHootsuite for Twitterのようにより高度なアプリに切り替えるのも良いでしょう。

対応画像共有サービス: yFrog、TwitPic、Lockerz、Mobypicture、Twitgoo、Posterous、img.ly他

Twitter

ダウンロード

Twitter 6.18